アレルギー治療

【スギ花粉症】舌下免疫療法を始めてみた!

こんにちは、ぷぷのすけです。

2018年、春
今年のスギ花粉アレルギーは例年よりも一段と酷かった〜(´;ω;`)
なので5月から舌下免疫療法を始めましていました。
それから半年が経った現在の状況を報告します。

スギ花粉アレルギー経歴

私のスギ花粉アレルギーの経歴などどうでもいいと思うかもしれませんが

ちょっとばかりおつきあいください。

私のスギ花粉アレルギー歴は浅く、明らかな症状が出始めたのは6年前ぐらいからです。

最初は軽く鼻水が出る程度でした。

そして年を経るごとに、くしゃみ・鼻水が出る頻度がどんどん多くなり

鼻づまりがになってからは睡眠不足に悩まされることに…

春先は眠気と鼻づまりで頭がぼーっとするようになりました。

そして今年の春、頭痛とふらつき、倦怠感、目のしょぼつき具合が

半端ない状況になりました。

舌下免疫療法って?

アレルギー症状が年々悪化している状況を主治医に相談したところ

「舌下免疫療法やってみる?」と言われたので

「それなんですか?」って聞き返したら

先生が私に冊子を見せながら丁寧に説明してくれました。

簡単にいうと、アレルギーを起こすものを体に取り入れ慣らしていく治療方法です。

舌下免疫療法は減感作療法(アレルゲン免疫療法)の方法の一つです。

体質の改善を行う治療なのでどうしても長期間に渡って治療しなければなりません。

治療費はいくらかかるの?

33項目のアレルギー物質を検査する(IgE-MAST33)の費用は約5000円。

1回の治療費(診察代)は3割の健康保険適用で約600円。

薬代(シダトレン)が最初の14日分で約700円。30日分で約1600円。

年間で治療費(アレルギー検査を除く)が600×12=7200円、

薬代が1600×11+700=18300円

治療費+薬代の年間の合計額が約25500円!

(ざっくりと計算しているので多少の誤差はあります)

舌下免疫療法による治療方法

まずは自分は何にアレルギー反応を起こすのかアレルギー検査を行います。

私の場合、スギ花粉にのみアレルギー反応を起こすことが判明しました。

スギ花粉にアレルギー反応を示していたので

治療方法はシダトレンという薬を使って行います。

舌の下に垂らして2分ぐらい保持してから飲み込む。

飲み込んだ後5分間は飲食禁止。たったこれだけ。

最初の服用は医師のいるところで行います。

アナフィラキシーショックを起こさないかを確認するためです。

2回目からは薬の濃度が薄いもの(200 JAU/mL)を1週間かけて量を増やして

服用していきます。

1週間の服用が終わったら医師の診察を受けます。

2週目からは薬の濃度が濃いもの(2000 JAU/mL)を1週間かけて量を増やして

服用していきます。

2週目の服用が終わったら再度、医師の診察を受けます。

3週目以降は小分けされた2000 JAU/mLのパック1包を同じ要領で服用します。

問題がなければ医師による診察は1ヶ月毎で大丈夫みたいです。

これを3年間続けることが推奨されています。

3年間続けられないと思うかもしれませんが歯磨きなどと同様に

習慣化してしまえば何も問題ありません。

歯磨きが習慣化できていない人は諦めてくださいw

あと、万が一急激にアレルギー症状が出てきた場合を想定して「患者携帯カード」が

渡されるのでカードに記載している項目を記入して財布などに入れておいてください。

職場の人や家族、友人など普段から身近にいる人には舌下免疫療法していることを

言っておくといいかもしれません。

メリットとデメリット

この治療のメリットとデメリットはこちら↓

デメリット

  • 治療期間が長い
  • 治療を途中で中断できない
  • 1ヶ月に1回は通院しなければならない
  • 薬は冷蔵庫で保管しなければならない

メリット

  • 主治医曰く、毎年苦しむアレルギーの症状が大幅に軽減される、または無くなる
  • 抗ヒスタミン薬を飲まなくてよくなる
  • 主治医曰く、治療後、長期間効果が持続する
  • 健康保険適用なのでお財布にも優しい
  • 通院して薬をもらえば自宅で治療できる
  • 花粉症グッズにさよならできる

治療開始から半年間の治療効果

治療を開始してからの私の感想をまとめます。

  • 治療開始から2ヶ月位はくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状が出ました。
  • 3ヶ月目位から体が徐々に慣れ始めたのかアレルギー症状の程度が軽くなってきました。
  • 5が月目位で体調が優れない時を除きアレルギー症状が出なくなった。
  • 現在(2018年11月)はアレルギー症状に悩まされることはなく快適に過ごしています。

ちなみにアレルギー症状がきつくて耐えられない場合は抗ヒスタミン薬を服用しながらも

治療を続けれるみたいです。私は気合いで乗り切りました(笑)

抗ヒスタミン薬は主治医に相談して処方してもらってください。

治療効果がどの程度なのか今から来年のスギ花粉が飛ぶ時期が待ち遠しいです(笑)

スマホアプリもあるよ

今どきは治療に役立つこんなものもあるんですねー( ̄□ ̄;)!!

舌下免疫療法をサポートするホームページとアプリです。

Google、App Store、Google playで「SLITサポート」で検索すると出てきます。

SLITアプリの機能

  • 服用の記録をつける日記機能(診察時などに役立ちます)
  • 服用の記録を見れるグラフ機能
  • 服用を忘れないように通知してくれるアラーム機能
  • 服用時の待ち時間を測るタイマー機能
  • ゲーム
  • シダトレンの服用方法

 

 

こんな人にオススメ
  • 体質改善だと思って治療に取り組める人
  • これから何十年もスギ花粉症に付き合わなければならない人
  • 春先にスギ花粉のせいで仕事や学業のパフォーマンスが落ちる人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。